本日は、鏡の見方を変えるだけ
美肌になる方法をお伝えしていきます。

 

中からキレイ♡
小顔・ピン肌専門サロン
つや肌・美Body塾

塾長 杉崎有希です。

 

 

どんなに忙しいあなたでも
お化粧をするとき
顔を洗うとき
など
1日1回は見ると思うんです。

鏡の見方を変えるだけで、
美肌になることができるのです。

 

鏡

 

 

えっ?!
鏡の見方を変えるだけ??

とあなたは思ってしまうかもしれませんが、

そうなんです。
鏡の見方変えるだけなのです。

 

「鏡の見方を変える」

=「自分の顔の真実を知ることです。

 

毎日、

メイクをチェックする
髪型をチェックするなど

朝のメイクや洗顔の時以外にも
鏡を見る機会が何回かあると思います。

その鏡の見方

メイクをチェックする
髪型をチェックするだけでなく、

 

「顔は歪んでいないか?」

「血色はどうか?」

「ツヤはどうか?」

「くすんでいないか?」

 

などもチェックするように鏡の見方
変えてほしいのです。

 

そのようにすることで、

「自分の顔の真実」

=「自分の肌質

を知ることができるからです。

自分の顔を知らないと、

「自分の肌に何が必要なのか」が分からないので、

 

ドラッグストアーに行って、アレコレ迷って
家に帰って使ってみたら、「これもイマイチだったな。。。」
と使いかけのお化粧品が増えてしまったり、、、

 

デパートのお化粧品カウンターですすめるがままに購入し、
高かったのに、お肌に合わない
ということになりかねません。

 

また、

わたしは顔中がニキビだらけだった時、

美容の知識もなく、
ニキビ=油っぽい

という単純なイメージがあり、

サッパリ系の基礎化粧品を使っていました。
でも、ニキビは改善することはありませんでした。

 

 

スキンケア2

 

 

たまたま、お肌を観てもらう機会があり、

わたし自身が

「乾燥肌」

だということを知りました。

 

ニキビ乾燥が原因でした。

お肌が乾燥しているんで、肌の中から油分を出して補おうとした結果、

油分が過剰に分泌してしまい、

ニキビができていたのです。

 

その自分のお肌状態うぃ知らかったわたしは

真逆のお手入れ

をしていたのです。

 

驚く

 

 

恐ろしいことです。。。

 

今のお化粧品を使ってもお肌が改善しない

基礎化粧品を何を選んだらいいのかわからない

年齢を重ねてきて、お肌質が変わった

 

など、

に対してお悩みがあるあなたは、

まず、

鏡の見方を変えてみて下さいね。

 

「シミが、、、」

「たるみが、、、」

「シワが、、、」

とあなたのお肌の欠点ばかりに目がいきがちかもしれませんが、

まずは、

いいも悪いもひっくるめて、

自分の顔の真実を知ることが

大切です。

 

それこそが!!!

美肌の近道なのです。

 

あなたのお肌の観察を始めてみてくださいね。